■LEDとは
LEDとは、発光ダイオードを使用した照明器具のことであり、新しい時代の照明として期待されており、今後も研究および開発が進められることが予想されている。
エジソンの発明以降、さまざまな照明が生み出されたが、それぞれの一長一短があり、時代の流れとともに主役となる照明の種類は移り変わった。
現在、LEDは最も省エネルギーの効果がある照明器具として認識されており、これからの地球環境に大きな影響を与えると考えられている。

■LEDの特徴
従来の光源として、白熱電球や蛍光灯が一般的に普及されていたが、それぞれに問題点があり、改善に向けて努力されてきた。
LEDは、それらの問題点を克服できる照明器具として捉えられており、それがそのまま特徴となっている。
まず、効率よく電力を光に変換することや発熱しないことにより、電気の消費量を低く抑えられる。
さらに、寿命が長いので器具を交換する割合が減り、家計の節約および企業のコストダウンに繋げることができる。

■LEDの課題
さまざまなメリットを持つLEDだが、幾つかの課題も残されている。
白熱電球や蛍光灯に比べたら高額なので、より購入しやすい価格に設定できるように求められている。特に、一般家庭での普及をめざすためには、店頭に並ぶ価格の安さが重要になるので、早急なコストダウンに向けた対策が期待されている。
また、電気量が大幅に増えると寿命が縮むことも指摘されているので、高輝度の製品に対する研究および開発も大きな課題となっている。”

Calendar

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930