■住空間の演出
照明とは光で明るくすること。自然光や、電球、蛍光灯などの人工的な光でもって明るくすることである。
インテリア、すなわち室内装飾を考える上で、この明りは家具と共に重要な要素である。
以前の室内空間における明りは主に明るさに重点を置いていたが、現代ではそのデザイン性、演出効果も重要視されている。
照明器具が組み込まれたものは商業用のショーケース、什器に多く見られるが、子供用学習机、ダイニングボード、サイドボードなど、家庭用の家具にも多く使われている。

■照明の効果
適度で適切な照明は、部屋を広く感じさせたり、家事や読書、手元作業などを捗らせたり、あるいは精神的を落ちつかせる効果がある。
照明方法には、部屋全体を照らすものと、部分的、補助的に照らすものがある。部屋のどの部分に光を当てるかで、部屋をの明るさ、広がりなどの視覚効果は違ってくるものである。
また、部屋の内装の材質や色によって、光の反射率が変わってくるので、インテリアプランニングする際には注意が必要である。

■照明の光源
照明の光源として住宅で使用されているものに、白熱灯、蛍光灯、LEDランプがある。
赤みのある、やわらかな暖か味のある光を放つのが、白熱灯である。スイッチに直ぐに反応し、調光器を付けることにより光量を調整が可能で、安価であるが寿命が短い。
蛍光灯は全体を均一に照らし、影が出来にくく空間がフラットな印象を与えるが、電気代が安く経済的である。
LEDランプは、省エネ・耐久性に優れているため、これからの光源の主流となると予想されている。”

Calendar

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930